ハガツオはイタリア語で『すっごいサルデ』?青魚のテキトー簡単シチリア風オーブン焼きレシピ

どうも皆さま、ボンジョルノ♪

またまたご近所の八百屋のおっちゃんに、魚を売りつけられましたw(うそ、ちゃんと納得して買ってる)。

前回売りつけられた魚は、カンパチ(と思しき魚)。

八百屋で買った魚を捌くピンキー(夫)と便利なペペロンチーノ・ドルチェ
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ 毎日顔をあわせる近所...

青魚好きがばれており、今回は「俺が釣ってきた!」という触れ込み&取り巻きのおっちゃんたちも(イタリア人のおじさんは集まりがち。密よ〜w)「俺が内臓取ってやる」「スーゴにするのだ!」などやいやいうるさいから、値引きしてもらって買いました3kg@25→20ユーロ。



イタリア語はサルダサルダ、日本語はハガツオ?

シチリア語では、パラミータと呼ばれる青魚。「マグロよりおいしいやつだ」と言います。

Wikiを見たら、イタリア語ではサルダサルダ、日本語ではハガツオでした。

…サルダサルダw。

イタリア語では強調するときに、単語を繰り返すことがあります。例えば、「ナポリの旧市街の中心あたりの生粋のナポリ」は「ナポリナポリ」と言ったり、「小さくて超かわいい」は「ピッコロピッコロ〜」と言ったり。

ってことは…『すっごいサルデ』ってことwwwww?!

すっごいイワシって言われてますよ?

「え?俺?」


こわっw。



さばき担当はピンキー(夫)アドバイスはリモートで

さばき担当はもちろんピンキー(夫)。サバをサバくのがやたらと上手いイタリア人。彼にとっては、初めての大きさの巨大魚チャレンジになりました。

一応、釣り師の友人(本業はインポーター。来年、ピスタチオツアーを一緒に企画予定…コロナが終わってたらね…(ToT))に確認のために写真を送ってみると、「ハガツオにしてはシュッとしてる」とのことですが、カツオっぽいのでカツオっぽくさばくことに。

まずは三枚下ろしして、血合い骨のところを切って4本の柵にして、皮引き。Youtubeで参考動画を送ってもらいピンキーに見せながら、アラが使えそうか目利きしてもらったり、背骨の血合いの取り方を教えてもらったり。

そうして、日本→イタリアのリモート指導で無事、4本の柵ができました。

★厚切りになった中骨の中落ちやエンガワは、ボン先輩用にキープ。



テキトーで美味しい!『すっごいイワシ』のオーブン焼きレシピ

カツオっぽいならワラ焼きねにしてタタキ…にしたいところですが、ワラもないので、2cm厚くらいにスライスして、オーブン焼きにしましたよ〜。

**とっても簡単テキトーレシピ**

<材料>
・カツオ(など)
・にんにく 好みで大量
・プレツェーモロ 好みで大量
・玉ねぎ テキトー
・オリーブオイル たっぷり
・パン粉
・サーレグロッソ
・黒コショウ

<作り方>
耐熱皿にオリーブオイルをふりかけ、玉ねぎを敷きカツオ(など)のスライスを重ならないように並べ、残りの材料を粗みじん切りにしてぶっかけ、オリーブオイルをたっぷりまわしかける。


180度に予熱したオーブンで20〜25分。焦げ目がついたら出来上がり〜♪

カツオ、カジキ、イワシなど同じ材料(玉ねぎ、ニンニク、プレツェーモロ、オリーブオイル)で応用できますよ!

やだ、美味しい!

味わいは…サルダサルダっていうか、サバ。ま、ハガツオだから(サバ科)。マグロより美味しいかって言ったら…それは好みでしょーねw。

ピンキー(夫)の食べる速度はまあまあ落ちたので、中くらいで普通に美味しいレベル。

参考 速度で測れる「美味しい」の真意。

犬の散歩中にできる!簡単でびっくり美味しい豚の角煮レシピ〜イタリアで和食
どうも皆さま、ボンジョルノ♪ すっかり街路のオレン...

★ボン先輩用もズッキーニと一緒にオーブン焼きにしました。…一瞬で飲み込まれた…。少しは噛んで味わえ〜w!

帰ってきた本日のイタリア語

pesce azzurro
アッジョルナメント
更新(バージョンアップ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました