サーモンで簡単自家製”塩鮭”!海外在住者の苦悩の歴史をサクッとアレンジ

どうも皆さま、ボンジョルノ〜♪

また来週から色が変わるイタリアですよー。シチリアは、どーんと減って(1日400人台)黄色キープ。トスカーナ、リグリア、ウンブリア、アブルッツォに続いてカンパーニア、エミリア・ロマーニャ、モリーゼもオレンジに。ほんと、終わらないわね…(白目)。ロンバルディア州が相変わらず感染率高いのに、市町村単位では赤ゾーンなのに、黄色キープの謎…も続行中。

変異種が増えてるところ。英国、南ア、ブラジルときて、最近ナポリ型が見つかったとか。ナポリ型wwwなんか笑う。って笑ってる場合ではないですが。

ナポリといえば、ピッツァですけれど、次回のオンラインレッスンでは米粉ピッツァ作ります!イタリアも何気に米どころ。米粉、大量に出回ってます!あとサクサクのメリガ〜。詳細は上↑のリンクから!



ジャッポ・シチリアーノライフに足りない塩鮭

イタリアももうグルテンフリーがあたりまえ。

「おいらもグルテンフリーだぜ」

イタリアの”グルテンフリー”事情!米粉ピッツァを作ろう
パスタの国のイタリアでもグルテンフリーはもう定番! 日本でもすっかりおなじみになったグルテンフリー。イタリアでは、約10年ほど前から浸透し、今やすっかり日常の暮 ...

我が家も”やや”グルテンフリー生活をしています。パスタは多くて週に2回。パンは…窯焼きパンがどうしても美味しすぎるのでつい食べちゃいますが、パン:ゴハン=1:1のジャッポ・シチリアーノライフです。

シチリア料理はだいたいゴハンに合うのだけど(主観)、でもどうしても!白いツヤツヤのゴハンに、塩鮭とか!食べたくなるのが日本人の日本人たる所以。

だがしかし…サーモンはあっても塩鮭がない

サーモンに塩かけても塩鮭にはならない…。



海外在住者の苦悩の歴史から、良いとこチョイスで手軽に塩鮭

ということで、ちょっとレシピを検索してみたらあるある!海外在住者の方々の氏自家製塩鮭レシピが。そうなのよねぇ、ないのよね塩鮭って。これは…海外在住者の苦悩の歴史を垣間見るようです!

塩水漬けとか、塩して天日干しとか。皆さん、工夫してらっしゃる。

…でも、面倒くさそうw.

とりあえず、塩をぐいぐい擦り付けてひと晩置いてみたらどうだろか?と試した結果がこれ。

綺麗な色になりました。いや、もともと美しいサーモンピンクではあったけど、塩鮭ピンクになった感じ。

工程①:上の写真は鱗を完全に洗い流して乾かして、マルサーラの自然海塩をグイグイ全体に擦り込んでタッパーに入れてひと晩おいたところです。



焼いたらそれはまぎれもない塩鮭でありました

そして、工程②:塩を洗い流し、キッチンペーパーに包んでジップロックでほぼ真空にしてから、もうひと晩冷蔵庫で寝かせてみました(なんとなく)。ここで天日干ししたりすると良いっぽいけど、あいにく雨だったので。

軽く小麦粉をふり、フライパンで焼いてみると…(←日本的な皮目をパリッと焼いた状態に最も近い状態で焼けます。極軽〜くまぶすのがコツ)

なんか見たことある!
懐かしい!雰囲気。

ハイ、それはまぎれもない塩鮭なのでした❤️。

できたーw。
おいしー❤️!

塩水漬け実験もしてみようかな〜とうっすら思ったりしつつ、初回でマックスの味に到達できてしまったので、これにて実験終了ですw(ビギナーズラックか?)。

まーしかし、学生時代に学んだことなんて、大人になってもその道に進まなければあまり役に立つことも無さそうだけど、大学時代に研究室で日々実験を繰り返したことが今、役に立ってます。あの根気…と工夫。キッチンはラボ化しています。

経験はたいていいつか役に立つものだな、とゴハンをおかわりしながらしみじみしたパレルモの昼下がり。皮が旨い。

今、アナゴの天ぷらが食べたいんですけど、アナゴ…いないなぁ。養殖するかなw!(誰か止めて〜w)

帰ってきた本日のイタリア語

salmone
サルモーネ
サーモン

コメント

タイトルとURLをコピーしました