トリノ感動の教会とポジティブな男子たち

<前回のお話>

名店ビチェリンで静かにパニクる無口なシチリア犬
<前回のお話> ランチを挟んで、テレテレとお散歩しながら、(今回の本当の目的地でもある)ビチェリンへ向かいまし...

ビチェリンの前は、こじんまりして美しいコンソラータ広場。

ビチェリンの向かい側には、コンソラータ教会があります。煉瓦の塔は、なんと11世紀建造。

ひとっつも観光地っぽいところを見学していないので、「交代で中を見てこようか」ってことになりました。

小さいワンコなら、抱えるかケージに入れていればOKな場合もありますが。。。ワンコは、博物館・お城・美術館関係にはなかなかは入れません。教会もNGなところがほとんど。神聖な場所とはいえ、博愛なはずなのにな~と思いつつ…。前につないでおくわけにもいかないので(泣くからw)どうしても交代で見学になります(^▽^;)。

では、さっそく。レディファストで中を拝見。

ほぅ。

外で待っている男子2人が気になるので、サクッと見てピンキー(夫)に交代。

すると…。

待てど暮らせど出てこない。

まあ、予想はしていたケド…。

ピンキー(夫)の見学タイムは尋常では考えられない長さを必要としますので┐( ̄ヘ ̄)┌。

ルーブル美術館では、10時間…。

日光東照宮では、2泊3日……。

スーパーマクロな視点で、またはまちゃってるんでしょうけどねぇ、外寒いんですけどっ!どんだけじっくり見とるんじゃっ!

待ちぼうけのボンもミーミー泣き始めたので…

スマホに電話すると、

興奮気味に教会から飛び出してきて、

「この教会素晴らしい!入口からしか中見てないでしょ?ぐるっと回ってきてごらんよ~!」

と鼻息荒く、再訪を勧められました。

「えーもういいよ~(^o^;)」とは思いましたが(ちょっと面倒だったんで)、あんまり勧めるもんだから、再び交代して中に入ってみることに。

よく見るとメイン祭壇の周囲には、奥につながる通路があり、奥へ進むと、

半地下になった珍しい礼拝堂や、

懺悔ボックスがずらりと並ぶ懺悔ルームがあったりして、

結構、複雑な構造。

装飾も美しくなかなか見応えのある教会でございました。

外へ出ると、「ねー凄かったでしょう?」と感動やまぬピンキーがウキウキとiPhone片手に教会のことを調べていました。飽きるってことを知らないオトコだな。

そろそろ帰途へ向かおうと駅方面に歩みを進めながらも、「建造は17世紀。地下にローマ時代の遺跡があり…」とコンソラータ教会の”今更”解説が終わらないw。いやー忘れちゃうから次来たときにもう一度お願いしますよーなどと言いつつ、立派なワンコと遭遇してみたり、

ゴミ一つ落ちてない路地裏などを歩きつつ(パレルモはゴミばっかりだからな!)、

寒空のトリノ中心街へ。

サン・カルロ広場の近くで見つけたイタリア国旗入りマンホール。犬と一緒だと視線が下になりがち。足元にあるものを良く見つけるようになりますなw。

しかしホント、トリノは「イタリア」が好きですね。イタリア=統一後のイタリアってことです。共和国になろうとも、自分たちが統一したという自負があるのかもしれませんね。

そんなこんなで、駅に到着。電車の時間までバールでひと休みしていると、ボンさん、カフェに添えられていたチョコに視線がロックオン!

「それ…ください」。

得意の「ください」視線。

一度だってもらえたことなどないのに…常に溢れんばかりの期待満載の目。学習能力の欠如か、はたまたスーパーポジティブなのか。挫折を知らない、もしくは意に介さない信じる目を見ていると、小さなことに悩むのがしょーもないことのような気がしてきます。ボンちゃんには、いつも助けられているなぁ。ありがとう。でもあげないよ(死ぬからね)。

そうして、チョコレートをもらえなかったボンさんと共に、再び夜の電車に揺られ、爆睡しながらアスティに帰ったのでした。

<続く>

ボンとマチルダの田園絵本
<前回のお話> ボンとマチルダを連れて、近所にお散歩に出かけました。友人宅の近所には、酸素濃度の濃い~田園風景が広がっ...


いつも読んでいただいてありがとうございます!
二つのランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

トリノ感動の教会とポジティブな男子たち
ボン先輩のFBページで、ブログやInstagramの更新情報をアップ中!いいねでCHECK IT OUT!
スポンサーリンク
アドボン1
アドボン1

この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする