自家製ファルファッレのハーブ肉汁ソースが激ウマだった件

スポンサーリンク

どうもー皆さま、ボンジョルノ♪

昨年末に開催したチンチアさんのオンライン料理レッスンのレポをやっとUPしました!

このレッスンで習った”アニョロッティ・デル・プリン”などという、手打ちパスタ界の中でも難易度の高いヤツ★にクリスマスにチャレンジしちゃったわけですけれど、

▼初アニョロッティの不格好さよ…。

その時に作ったオマケのファルファッレが、極上に美味しかったんですよ〜。今もあの香り、あの食感、あの味…を思い出せるくらい記憶に残る美味しさだった…。今、思い出しています(涎)。

手打ちファルファッレ★★☆☆は、簡単で楽しい

アニョロッティの生地は柔らかめで極薄。おかげさまでくっついて大変だったんですが、「失敗生地は捨てずに後でタリアテッレに」という教えのもと、想定以上に溜まった大量の失敗生地を扱いやすい普通の暑さに伸ばし…、

ファルファッレにしてみました!

ひらひらのクルクルカッターで切って、キュッと真ん中を絞るだけ…。タリアテッレより簡単。そして、作る作業が楽しいパスタ。。。

ハーブ肉汁ソースの衝撃の美味しいさ

手打ちファルファッレにあわせたのは、アニョロッティ・デル・プリンの詰め物にするお肉をソテーした時に出た肉汁

3種の肉、4種のハーブと白ワインを煮込んだ肉汁に、バターを加えて作ったソースは複雑で深みのある味わい!

シンプルなファルファッレによーく絡んで、まー美味しかったです!(不格好な仕上がりのアニョロッティの中でもひときわ不格好なセリエBもついでに茹でて絡めてみました。)

これは、リピートしますよっ!

肉汁をパスタソースに変化させるアイデアは、いかにもパスタの国の人だもの。って感じなところも気に入りました。

余った肉じゃがをカレーに流用する感じ?

チンチアさんのレッスンでは、そんなレシピにならないレシピや日常話も満載なので、イタリア人っておうちでなに食べてるの?どんな暮らししてるのー?にご興味がある方にもオススメですよ。

目指せ!米研ぐ速さで手打ちパスタ

しかしまーイタリア在住も相当長くなりましたが〜、今更のように手打ちパスタの美味しさに目覚めてます。なんで今までやらなかったって、それはもう、ただただ面倒だったからw!

なんともいえないもっちり感。しかも自分で作ると愛着も湧くし、こねる作業はストレス解消にもなるしw。

昔、ローマにいた時に友達のキッチンで「米を研ぐ速さで手打ちパスタ作ってる!」と驚いたことを思い出しながら、米を研ぐ速さを目指して、週1ペースくらいで作ってますよ。←自分でもシンジラレナイ。

料理は”きっかけ”と”慣れ”ですね。

きっかけは、コ・ロ・ナよね、やっぱ。

この2年で、納豆作りやら手打ちパスタやら、いろいろできるようになったなぁ…(遠い目)。あと…お餅とモッツァレッラチーズ作りをしてみたいんだけど、あーでも、その前にコロナ禍終わっちゃうかなー?←今日もご機嫌に現実逃避w♪

チンチアさん
チンチアさん

チンチアさんのオンライン料理レッスン

4月10日(日)19:00〜に開催決定!
テーマは復活祭(イースター)のランチ。お気軽にご参加ください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました