安すぎ〜アペリティーボ♪

昨今のアペリティーボは、

おつまみが増大し、「アペリ・チェーナ」になってます。

アペリティーボ+チェーナ(夕食)=アペリチェーナ。

アペリでチ・ヴェディアーモ♪と言っても、もはや早めの夕食になるケースが多々。アペリの後、21時過ぎに夕食をとるより健康(主にダイエット)的にはベターです。

うむ…メレンダ・シノイラが起源と思われます。

イタリアのまだ知らない習慣”メレンダ・シノイラ”
そんなわけで、ピエモンテの旅の続き。 トリノも美しいけど、田園風景も、まー美しい。 小麦の刈り取りが終わったあとの幾何学...

パレルモでは、カポナータやアランチーナなど、パレルモ料理が満載のおつまみが多いので…、「またこれかよ」感がなきにしもあらずですが、美味しいので許す(上からw)。

まあ、それにしてもお安い。このボリュームで、一人あたり15ユーロ(シチリア産クラフトビール2本込み)ですよ、奥さん。なんか計算がおかしい?実際間違えていたかもしれない…ということは平均的に見てないとは思いますが。

かつてローマに暮らし、リラからユーロへの移り変わりと共にヨーロッパのいち都市として、物価の高い(エラソーな)街に変貌していく様子を間近で見てきたものとしては…イタリア第五の都市で、シチリアの州都でもあるパレルモですが、「どうか、このまま素朴なままでいて!」と願わずにはいられませんw。

…とはいえ、多少お値段は張っても、皮目をパリッと焼いたサンマや揚げ出し豆腐でアペリたいな〜と思う切ない海外暮らしです(合掌)。


最後まで読んでいただいてありがとうございます!
イタリア情報ヨーロッパ(生活・情報)の二つのブログランキングに参加中です♪
ポチポチッとクリックしていただけると嬉しいです♡ Grazie!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

●●●お知らせ●●●
翻訳させていただきました♪

イタリア人が見た日本や日本人って?!
思いのほか素晴らしい!!

人気DJラ・ピーナ著
『I ❤ TOKYO(アイラブ東京)』日本語版


イタリアで驚異的ベストセラーになった日本紹介本の日本語翻訳版。
アマゾンほか、全国書店にて絶賛発売中です!

…裏話や関連話はこちら( ̄∀ ̄)♪>>>書籍『アイラブ東京』

スポンサーリンク
アドボン




アドボン




この記事をシェアする

ボン先輩をフォローする